ソマチッドは不死の微生物

画像の説明

ソマチッドは全ての生命体内で共存する。
どんな条件でも死なない不死の生命体で、
免疫や恒常性機能を担い、生体を防御する。
ソマチッドはDNAを持たない生命体。
ソマチッドの大きさは0.5ナノ~80ナノ
赤血球は8ミクロンでDNAは2ナノ。
ソマチッドはDNAの間を通り抜ける。

2500万年~10億年前の化石の中でも生きている。
水の中でマイナスイオン(水素電子)を高めると、
化石の中から元気なソマチッドが復活する。
下記骨粗鬆症も、その古代ソマチッドで治療。
病気進行はソマチッドが活動出来ない環境・・と。

このような研究が進み、
難病患者も助かるようになれば、
既存の権益にあぐらをかく勢力は商売できなくなる。
製薬会社や医師会等からの圧力の歴史は、
千島学説やSTAP細胞騒動と同様かな。

ソマチッドとは
①itsumo111さんのアップロード映像(15分)↓
https://www.youtube.com/watch?v=aKa8IPXUub8
②日本ソマチッド化学アカデミー版映像(10分)↓
https://www.youtube.com/watch?v=BOos2yWEZFw

http://www.somatid-ai.co.jp/somatide.html

フェイスブックで紹介履歴↓
https://www.facebook.com/tss.genki/photos/pb.252611751446424.-2207520000.1449289735./593220887385507/?type=3&theater

コメント


認証コード2993

コメントは管理者の承認後に表示されます。